中国経済は今年1-6月期の6.9%成長をピークに緩やかに減速していきそうだ――大和総研経済調査部の主席研究員、齋藤尚登氏は8月22日に発表したレポート「心配な住宅実需抑制と民間の景況悪化」で、年後半の中国経済の鈍化を予測している。(写真は広州の新しい住宅群、提供:(C)Guo Zhonghua/123RF)

続きを読む