ズーム <6694> (JQS)は、本年3月28日に東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場。同社は、ポータブルなハンディレコーダーをはじめ、エフェクトプロセッサー、マルチトラックレコーダー、オーディオ・インターフェース、リズムマシン、サンプラーなど、レコーディング機器から電子楽器まで幅広い製品を開発している。30年以上に渡り、最新のDSPテクノロジーをベースにした革新的な製品をリーズナブルなプライスで提供している。
 
 事業拡大のために、新たな製品カテゴリーの開拓、エレクトロニックダンスミュージック市場での地位確立、業務用録音機器の製品ラインナップ拡充、グローバルニッチ市場での売上拡大、販売体制の再構築、コンプライアンス体制のさらなる強化、特定の生産委託先に依存せず、依存率を3割以下とする等の施策検討に取り組んでいる。
 
 今2017年12月期第2四半期業績実績は、売上高29億8700万円、営業利益1億3500万円、経常利益1億0800万円、純利益8300万円に着地。主として、ハンディビデオレコーダーが最上位モデルのH6の販売が好調だったほか、マルチエフェクターでは、昨年9月に販売開始のG3nシリーズの販売が好調、同10月に販売開始のQ2nが予想を上回ったことが業績に貢献し、当初計画を上回り、営業利益は年計画に対する進捗率は59%と順調に推移している。
 
 今17年12月期業績予想は、売上高60億1900万円(前期比0.8%増)、営業利益2億2900万円(同3.7%増)、経常利益2億9900万円(同45.9%増)、純利益2億3800万円(同33.3%増)を見込む。年間配当は、配当性向30%前後を目安に期末一括33円(同13円増)を予定している。
 
 株価は、3月28日につけた上場来の高値2331円から4月17日につけた上場来の安値1421円まで調整を挟んで6月6日に2090円と上昇。その後、二番底をうかがう展開となっている。第2四半期業績実績は計画を上回り順調。会社側は年末商戦に合わせて例年上期より下期が多い傾向があるものの、為替レートの動向が不透明であるため通期業績予想を据え置いているが、上振れする余地はある。二番底形成となれば、反転する可能性があり、ここから大きく下押す場面は底値買い好機と言えよう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)