FRONTEO <2158> が反騰。午前9時13分に前日比30円(4.5%)高の696円まで買われている。
 
 17日引け後に、100%子会社で人工知能を活用したデジタルコミュニケーション事業を展開するFRONTEOコミュニケーションズ(東京都)とともに、人工知能ロボット「Kibiro(キビロ)」の法人向けパッケージメニューとして、ショールームや受付など接客が必要な場所においてより活用しやすい機能を搭載した「Kibiro for Biz」を発売すると発表。従前にもKibiroがスライドショーを使って説明を行う「プレゼンテーションパッケー ジ」を販売していたが、要望の多い機能を追加搭載して強化した新パッケージを提供するもの。Kibiroが定型の案内や問い合わせの対応を代行することで、人が繰り返し対応する必要があった単純作業から解放され、顧客データの分析や解析に注力できるようになるという。(イメージ写真提供:123RF)