イード <6038> が急騰。午前9時09分に前日比1156円(15.6%)高の1156円まで買われ、値上がり率はマザーズで最上位となっている。
 
 17日引け後に、自動運転技術やEV(電気自動車)、次世代通信規格5Gなどを契機に大きな発展が確実視される、自動車領域に特化したアクセラレーターとして「iid 5G Mobility」を立ち上げたと発表。同時に、ブロードバンドタワー <3776> が業界に先駆け18年8月に千代田区で開設を予定している5Gデータセンターにおいて、協業を開始するとした。20年の自動運転技術、EV(電気自動車)、5Gモバイル通信などの実用化を見据えた5Gデータセンターの活用、および「iid 5G Mobility」との展開を共同で推進し、変化する自動車業界の中心となる「コネクテッド・カー」にとって必要な情報と仕組みを両社で提案していくことが目的。(イメージ写真提供:123RF)