Fringe81 <6550> (東マ)は、6月27日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、インターネット広告技術の開発とコンサルティングを行っている。Fringe81は、アドテクノロジー、スマホ広告、広告監査サービス、HRテックにおける競争が少なく成長が見込まれる「キワ(Fringe)」の領域を開拓。近年は急速に業態転換を進め、高収益化とともに成長ペースを加速、収益化のフェーズに入り、今後はさらなる収益の拡大を目指している。
 
 今2018年3月期は、広告代理サービスでは、メディアグロースサービスで取り扱っている媒体である「docomo、営業人員増加等の施策により、インターネット広告の取扱高を増加させていくことを継続、スマートフォン向けアプリを含むスマートフォンメディアに対して広告商品企画・開発・オペレーションを提供していくことで、スマートフォンメディアの収益向上を支援している。ウェブサービスでは、顧客企業の従業員同士が相互評価・称賛をするための新サービスとして「Unipos(ユニポス)」の提供を開始したことなど、同社の新たな収益の柱の立ち上げにも注力している。
 
 今18年3月期第1四半期業績実績は、売上高12億9000万円、営業損益1400万円の赤字、経常損益2000万円の赤字、最終損益1700万円の赤字に着地。人件費や研究開発費等が膨らみ赤字となっているが、売上高は第2四半期計画に対する進捗率が53.5%と順調に推移している。
 
 今18年3月期業績予想は、売上高58億7300万円(前期比24.4%増)、営業利益2億9900万円(同3.2倍)、経常利益2億9300万円(同3.3倍)、純利益2億円(同2.4倍)を見込む。
 
 株価は、6月28日につけた上場来の高値6570円から8月14日に上場来の安値3475円まで47%の調整を挟んで上昇。第1四半期赤字着地を織り込み、リバウンド局面入りとなっている。従業員同士が日頃の成果に対して成果給と賞賛の言葉を同時に送りあい、個人の力と組織へのエンゲージメントを高める新サービス「Unipos(ユニポス)」を、6月29日から提供開始。業績に及ぼす影響は軽微としているが、今後の事業展開は注目される。目先25日移動平均線を目安に上昇することも期待されそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)