ドル円は110円台後半から反落。FOMC議事録でインフレ率の2%達成が長期化する可能性があると指摘していたことが材料に。ドル円は110円台半ば近辺から110円近辺まで急落。ユーロドルは1.68台まで売られた後反発。1.1779までドル安ユーロ高が進む。株式市場は反発。FOMC議事録の内容はややハト派的だったことが買いにつながった。ダウは4日続伸し、2万2000ドル台を回復。債券相場は反発。2%のインフレ達成が長期化するとの議事録の内容に反応し買い物を集めた。長期金利は2.22%台に低下。金は続伸したが原油価格は3日続落し、46ドル台に。


7月住宅着工件数   →  115.5万件
7月建設許可件数   →  122.3万件

ドル/円110.03~ 110.95
ユーロ/ドル1.1681~ 1.1779
ユーロ/円  129.53~ 129.83
NYダウ  +25.88 → 22,024.87
GOLD  +3.20 → 1,282.90ドル 
WTI -0.77 → 46.78ドル  
米10年国債  -0.051 → 2.222%

本日の注目イベント

豪   豪7月雇用統計
日   7月貿易収支
欧   ユーロ圏7月消費者物価指数(改定値)
欧   ECB議事要旨
欧   ユーロ圏6月貿易収支
英   英7月小売売上高
米   新規失業保険申請件数
米   8月フィラデルフィア連銀景況指数
米   7月鉱工業生産
米   7月設備稼働率
米   7月景気先行総合指数
米   企業決算 →ウォルマート、ギャップ
米   カプラン・ダラス連銀総裁講演
                                    

 ドル円は堅調な動きを見せ、昨日の夕方から欧州時間にかけては111円を伺う動きを見せたが、朝方公表されたFOMC議事録の内容を手掛かりにドル売りが強まり、110円03銭近辺まで下げ、この日の安値圏で引けています。結局今回のドルの戻り局面では、111円台までの回復はならず反落した形でした。

 FOMC議事録では、大部分のメンバーが9月会合でのバランスシートの縮小計画発表を支持していたことが明らかになりました。これ事体はドル買い材料と見られますがインフレ率については、中期的に緩やかなペースで当局の目標である2%に上昇するとの予想を、過半数のメンバーが維持していたと記されていたが、「多くの参加者」は、インフレ率が現在見込まれているよりも長い期間2%未満に留まる可能性がややあるとの認識を示したとありました。また幾人かは、インフレ見通しへのリスクは下方向に傾斜している可能性があると指摘していたことも明らかになりました。(ブルームバーグ)

 このほかにも、FRBスタッフは金融安定へのリスク評価を前回までの「注目に値する」から「高まった」へと上向きに修正したと記されています。全体としては「ハト派的」との印象が残る議事録の内容でした。ドル円はこの発表を契機に110円03銭まで売られ、ドルの上値の重さを確認させられた格好になりましたが、昨日は議事録に加え、トランプ大統領の言動もドル売りにつながったようです。トランプ氏は白人至上主義団体と反対派の衝突に関して「双方に非がある」と発言したことが、共和党内からも非難の声が上がっており、今朝のメディアは「トランプ氏孤立も」との見出しを掲げています。

 またトランプ氏は自身が創設した「製造業諮問委員会と戦略・政策フォーラム」からメンバー脱退が続出したことで「メンバーである企業経営者らに圧力をかけるくらいなら、私は両組織とも解散する。みなさんありがとう!」とツィートし、解散を決めています。この会合からは世界最大の資産運用会社ブラック・ロックのフィンクスCEOなど、有力メンバーが脱退しています。まさにトランプ氏にとっては「内憂外患」という文字がピタリとあてはまる状況です。

 北朝鮮リスクがやや後退したものの、一方でトランプリスクは着実に拡大しているように思えると言ったら、言いすぎでしょうか。ドル円は再び下値を試す展開を強めてきましたが、先週末に記録した108円台後半を下抜けするほど事態は悪化していないと思っています。引き続き北朝鮮の動向から目が離せませんが、特段の動きがなければ本日の予想レンジは109円60銭~110円60銭程度でしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)