東京市場のドル/円は、「北朝鮮がグアムへのミサイル発射計画を中止」と報じられた事から警戒感が緩み、110.40円台へと上昇しました。

 欧米市場の動きが注目されますが、まずはイベントを確認しておきましょう。

8/15(火)
17:30☆ 英7月消費者物価指数
17:30   英7月小売物価指数
17:30   英7月生産者物価指数
21:30   米7月輸入物価指数
21:30☆ 米8月NY連銀製造業景気指数
21:30☆ 米7月小売売上高
23:00   米8月NAHB住宅市場指数
23:00   米6月企業在庫


※☆は特に注目の材料

 米小売売上高は前2ヵ月分がマイナス(減少)と冴えない結果でした。

 今回は前月比+0.3%が予想されており、増加に転じる見込みです。

 ドルの支援材料になるか、自動車・ガソリンを除いた売上高の結果にも注目が集まりそうです。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:109.600-110.800円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)