日本基礎技術 <1914> が大幅高で5日ぶりに反発。13時18分に前日比21円(5.7%)高の390円まで買われ、7月11日に付けた年初来高値407円に接近している。
 
 14日引け後に発表した18年3月期第1四半期(4-6月)の連結業績は、売上高50.2億円(前年同期比20.4%増)、営業損益0.1億円の赤字(前年同期は1.8億円の赤字)。営業赤字ではあったが、赤字幅の縮小が好感された様子。受注高の順調な伸びで売上高は大きく増加。赤字は米国現地法人における工事進ちょくの遅れによるもの。(イメージ写真提供:123RF)