14日のスポット金は反落。XAUUSDの終値は1281.00ドル。安全保障担当の米高官は北朝鮮との核戦争が差し迫っていないと発言し、安全資産の需要が後退した。地政学的リスクへの警戒感が若干後退し、安全資産とされる金には下押し圧力がかかった。
 
 14日のニューヨーク原油先物市場でWTI先物は反落し、約5週間ぶりの大幅安となった。CL_の終値は47.44ドル。リビア最大の油田で安全問題のために生産が大幅に減少したものの、中国での製油活動低下による影響の方が大きかった。(イメージ写真提供:123RF)