ドル円は北朝鮮問題の緊張がやや緩和したことから上昇。109円76銭までドルが買い戻された。NY連銀総裁が年内にもう一度の利上げを支持するとの情報が伝わり、これもドル高に作用した。ユーロドルは反落。1.18台が徐々に重くなり、1,1770まで売られる。来週ジャクソンホールでのドラギ総裁の講演待ちの雰囲気。株式市場は米朝の緊張緩和を受け大幅に続伸。ダウは135ドル上昇し、再び2万2000ドルに迫る。債券は反落。ティラーソン国務長官が北朝鮮との対話の用意があると述べたことも材料に。長期金利は2.21%台へ上昇。金と原油はともに反落。

ドル/円109.43~ 109.76
ユーロ/ドル1.1770~ 1.1802
ユーロ/円  128.92~ 129.38
NYダウ  +135.39 → 21,993.71
GOLD  -3.60 → 1290.40ドル 
WTI -1.23 → 47.59ドル  
米10年国債  +0.030 → 2.218%

 本日の注目イベント

豪   RBA議事録
日   6月鉱工業生産(確定値)
独   独4-6月期GDP(速報値)
英   英7月物価統計
米   8月NY連銀製造業景気指数
米   7月小売売上高
米   8月NAHB住宅市場指数

 
 ドル円は108円台に沈むことなく緩やかに反発しました。連休明けの東京市場の反応に注目していましたが、日経平均株価が一時240円ほど下げたにもかかわらずドルを買う動きが優勢でした。昨日の夕方には109円80銭までドルが買われ、NYでも米朝の緊張がやや緩和したとの見方もあり、109円76銭までドルが買い戻されています。

 ティラーソン国務長官はウォール・ストリート・ジャーナルに寄稿し、「米国は北朝鮮の体制転換にも南北統一の加速にも関心はない」と述べていますが、この内容は従来からの考えを繰り返したものです。米国が依然として対話の糸口を模索していることが確認できたことで、米朝の緊張がやや後退したと市場は見たようです。

 それでもまだ平常に戻るのは時間がかかり、警戒を解くわけにはいきません。北朝鮮の国営新聞も昨日は「あとは命令が下るのを待つだけ」といった見出しの論説を掲載しており、本日は祖国解放記念日にあたり、「Xデー」の一つと観られています。このままにらみ合いが続くのか、あるいは急転直下「対話」の席が設けられるのか、まだ予断は許さない状況です。

 NY連銀のダドリー総裁はAP通信社とのインタビューで「金融当局が9月にバランスシート縮小計画を発表するとの見方は不合理ではない」と述べ、さらに利上げについても「年内もう一度の利上げを支持するだろう」と発言しました。(ブルームバーグ)

 今月に入ってからは、セントルイス連銀総裁のように、軟調なインフレ率を理由に利上げには慎重な見方をする意見が多く、これがドル円を押し下げた原因の一つにもなっていました。イエレン議長にも近いとみられるダドリー総裁のこの発言は、今後のFOMCでもそれなりの存在感があるものと推測できます。NYダウも昨日は135ドル上昇し、再び2万2000ドルを目指す状況です。5日続落の日本株も、さすがに今日は反発すると予想していますが、それでも日経平均株価の2万円は徐々に遠くなっています。「NISA」経由の資金も入っているとの報道もありましたが、個人投資家にとって運用難は続きます。本日のレンジは109円30銭~110円30銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)