東京市場のドル/円は、仲値公示に向けてドルが買われた後も堅調に推移すると、日経平均が下げ幅を縮小する中で109.60円台まで一段高となりました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

8/14(月)
18:00  6月ユーロ圏鉱工業生産

8/15(火)
10:30☆豪RBA議事録
※☆は特に注目の材料


 本日は目玉となる経済イベントが見当りません。

 前週108円台を見た後、本日の東京市場で切り返した事により底入れムードが漂い始めました。

 欧米市場でも上値を伸ばせるかは株価や米長期金利がカギとなるでしょう。

 なお、明日朝に豪中銀(RBA)理事会の議事録が公表されます。


(欧米時間のドル/円予想レンジ:109.100-110.000円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)