富士機械製造 <6134> が急反騰。午前9時22分に前日比89円(5.0%)高の1870円まで買われ、7月27日につけた年初来高値1849円を更新している。
 
 10日引け後に発表した18年3月期第1四半期(17年4-6月)の連結業績は、売上高284億円(前年同期比22.6%増)、営業利益50.9億円(同53.5%増)。主力の「ロボットソリューション」が旺盛な設備投資需要に支えられ受注が好調に推移。売上高254億円(同27.9%増)、営業利益59.6億円(同77.6%増)となって全体をけん引した。
 
 つれて会社側は上期の予想売上高を従来の500億円から580億円(同36.8%増)に、営業利益を77.0億円から103億円(同2.1倍)にそれぞれ増額。通期については売上高を960億円から1040億円(前期比20.4%増)に、営業利益を135億円から161億円(同64.4%増)に引き上げている。(イメージ写真提供:123RF)