7月31日号の為替相場見通しにおいて、次のように予想しました。「この夏は、また円高が拡大する可能性が高まったと考えられます。具体的には先週のブログでちらっと書きましたが、円高ターゲットはズバリ109円台前半~108円台後半。そのあたりへ円高が進行することは、ちょっと避けられない状況ではないかと見ています」。8月1週目は111円あたりへと、やや円安に向かう場面もありましたが、先週号の為替相場見通しにおいて次のように明言しました。「最大109円台前半~108円台後半との円高ターゲットを維持します」。
 
 結果はずばり予想が的中しました。先週後半、円高が進んで、一時的に108円台後半まで円高が進み、そして先週終値は109円台前半の水準。まさに私が予想しておりました円高ターゲット(109円台前半~108円台後半)に到達する形となりました。FX口座でドル円の売りトレードをしていれば、10万通貨あたり20万円ほどの利益を2週間で獲得することができたと思います。勇気をもって売りトレードをして多額の利益を獲得された皆様、おめでとうございました。今週の見通しとしましては、ターゲットに到達したことにより、一旦、円高圧力が弱まりやすいと見ています。(執筆者:為替王)(イメージ写真提供:123RF)