ウェーブロックホールディングス <7940> (東2)は、4月10日に東京証券取引所市場第二部に再上場。同社グループは、同社および連結子会社13社、非連結子会社1社、関連会社1社の合計16社で構成されており、持株会社である同社の下、各事業会社において各種プラスチックと繊維、紙等を原材料とした複合素材の製造および販売を主たる業務としている。
 
 インテリア事業では、環境に配慮した生産設備と原材料を使用し、建築基準、防火壁装内装の制限等をクリアした各種壁紙を提供している。編織事業では、防虫網で培った技術を生かし、農業資材、建設資材、土木資材など、幅広い分野で事業を展開している。産業資材事業では、合成樹脂を使用して加工したシート、フィルムやその成型品を、建設仮設資材、農業資材、工業材料から食品包材、一般雑貨用として、多岐にわたる分野へ供給している。アドバンストテクノロジー事業では、特殊金属を蒸着した金属調加飾フィルムなど付加価値の高い製品をテープやシートに加工し、様々な樹脂製品として製造・販売しているほか、ポリカーボネート樹脂(PC)とアクリレート樹脂 (PMMA)を積層させたシートをスマートフォンやタブレット型パソコン等の電子機器部品用に製造・販売する等している。
 
 7月31日に発表済みの今18年3月期第1四半期業績実績は、売上高76億4900万円、営業利益7億4400万円、経常利益8億2400万円、純利益5億9800万円に着地。
 
 7月18日に今18年3月期業績予想を上方修正済みで、売上高は従来予想の280億円から281億円(前期比4.5%増)、営業利益は同14億円から16億5000万円(同21.3%増)、経常利益は同17億5000万円から19億9000万円(同17.3%増)、純利益は同12億5000万円から14億3000万円(同29.1%増)になる見通し。年間配当予想は、24円(第2四半期末12円、期末12円)を予定している。主力のインテリア事業では、資本業務提携先であるサンゲツの壁紙見本帳へのグループ製品の掲載点数が計画を上回り好調なほか、生産数量増加に伴う操業度向上や経費削減も奏功し利益を押し上げる。
 
 株価は、4月14日につけた上場来の安値619円を底に上昇。通期業績予想の上方修正を好感し、7月25日に上場来の高値1515円と買われた後、モミ合っている。サンゲツとの業務提携による効果は大きく、連続最高益更新見通しで、今期予想PER9倍台と割安感がある。9月末の第2四半期配当権利付きを前に配当利回り2.0%水準まで押す場面があれば、待ち伏せ買いを考えるところだろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)