住友金属鉱山 <5713> が急反騰。午前9時17分に前日比89.5円(5.2%)高の1803.5円まで買われ、7日に付けた年初来高値1748円を更新している。
   
 8日引け後に発表した18年3月期第1四半期(17年4-6月)の連結業績は、売上高2145億円(前年同期比21.1%増)、経常利益300億円(同297億円増)。銅価格の上昇で「資源セグメント」の経常利益は167億円(同2.2倍)となり、「精錬セグメント」もニッケルおよび銅価格の上昇、為替の円安などにより経常利益は85億円(同101億円改善)に回復した。これを踏まえ会社側は、上期の予想売上高を従来の4110億円から4240億円(同15.7%増)に、営業利益を340億円から430億円(同96.2%増)にそれぞれ引き上げている。(イメージ写真提供:123RF)