クリナップ <7955> はシステムキッチンの大手で、システムバスルームも展開している。18年3月期第1四半期は減益だったが、株価のネガティブ反応は限定的だ。通期は原価低減効果も寄与して2桁営業増益予想であり、0.6倍近辺の低PBRも見直して上値を試す展開が期待される。
 
■システムキッチンの大手でシステムバスルームも展開
 
 システムキッチンの大手である。厨房部門(システムキッチン)を主力として、浴槽・洗面部門(システムバスルーム・洗面化粧台)も展開している。なお収益は新設住宅着工件数やリフォーム需要の影響を受けやすい特性がある。
 
 17年3月期の部門別売上高構成比は厨房部門79%、浴槽・洗面部門16%、その他5%、販売ルート別売上高構成比(単体ベース)は一般ルート(工務店・リフォーム)79%、ハウスメーカー16%、直需(マンション)5%だった。
 
■中期経営計画で「ザ・キッチンカンパニー」目指す
 
 中期経営計画では「ザ・キッチンカンパニー」の確立を目指し、重点施策として中高級品の販売強化、リフォーム市場で競争優位となる商品の開発、ショールームを核とした販売戦略の推進、サプライチェーン全体での原価低減活動の強化、設備投資およびコストの最適化などを推進している。
 
 ショールームを核とした販売戦略の推進では、3旗艦&全国ショールーム102拠点体制で、ショールームを顧客接点の要、地域に根差したブランド戦略の重要拠点、リフォーム需要取り込みの最重要拠点と位置付けて、集客を強化するためリニューアルと生活提案型ショールームへの転換を進めている。ショールームのリニューアルは12年3月期から17年3月期の6期合計で66ヶ所を実行し、17年3月期には中部圏の旗艦ショールーム「クリナップ・キッチンタウン・名古屋」を新設した。
 
 生産面では16年7月クリナップ岡山工業(17年4月吸収合併)津山工場のプレスラインが本格稼働し、東日本の福島県・いわき事業所と合わせて生産拠点の二極化体制が整った。
 
 海外展開は中国、台湾、シンガポール、マレーシア、タイなどに展開している。中国にはハウスメーカーと共同進出してキッチン等を供給している。
 
■18年3月期1Qは減益
 
 8月4日発表した今期(18年3月期)第1四半期(4月~6月)の連結業績は、売上高が前年同期比3.6%減の265億48百万円、営業利益が25.5%減の3億87百万円、経常利益が13.2%減の4億42百万円、純利益が33.7%減の1億82百万円だった。リフォーム需要が低調で減収減益だった。
 
 部門別売上高は、厨房部門が3.4%減の205億24百万円、浴槽・洗面部門が6.8%減の44億43百万円だった。厨房部門のシステムキッチン「S.S.」は数量・金額とも減少、「クリンレディ」は数量・金額とも減少、「ラクエラ」は数量・金額とも増加した。浴槽・洗面部門のシステムバスルーム「アクリアバス」は数量・金額とも減少、「ユアシス」は数量・金額とも減少、洗面化粧台は数量・金額とも減少した。
 
 売上総利益は3.2%減少したが、売上総利益率は34.0%で0.2ポイント上昇した。販管費は1.9%減少したが、販管費比率は32.5%で0.6ポイント上昇した。
 
■18年3月期通期は2桁営業増益予想
 
 今期(18年3月期)通期連結業績予想(5月9日公表)は売上高が前期(17年3月期)比2.1%増の1160億円、営業利益が15.6%増の23億円、経常利益が17.0%増の21億円、純利益が0.8%増の13億50百万円としている。配当予想は前期と同額の年間20円(第2四半期末10円、期末10円)としている。予想配当性向は54.2%となる。
 
 部門別売上高の計画は、厨房部門が1.7%増の908億46百万円、浴槽・洗面部門が3.5%増の179億76百万円、その他が3.1%増の65億43百万円としている。
 
 会員登録制組織「水まわり工房」加盟店や流通パートナーと連携してリフォーム需要を喚起し、流レールシンクを標準装備したシステムキッチン「S.S.」「クリンレディ」などの中高級品を中心に拡販を強化する。原価低減効果や業務効率化も寄与して2桁営業増益予想である。
 
 通期予想に対する第1四半期の進捗率は売上高22.9%、営業利益16.8%、経常利益21.0%、純利益13.5%である。やや低水準の形だが、通期ベースでは好業績を期待したい。
 
■株価は1Q減益に対する反応限定的、低PBRも見直して上値試す
 
 株価は年初来高値圏900円近辺でモミ合う形だ。第1四半期減益に対するネガティブ反応は限定的だった。
 
 8月8日の終値896円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS36円89銭で算出)は24~25倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間20円で算出)は2.2%近辺、そして前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS1437円82銭で算出)は0.6倍近辺である。時価総額は約335億円である。
 
 週足チャートで見ると13週移動平均線が26週移動平均線を上抜いて先高感を強めている。0.6倍近辺の低PBRも見直して上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)(イメージ写真提供:123RF)