日本製鋼所 <5631> が続急騰。午前10時19分に前日比364円(19.8%)高の2205円まで買われ、1月26日に付けた年初来高値2211円に迫っている。
  
 7日引け後に発表した18年3月期第1四半期(17年4-6月)の連結業績は、売上高448億円(前年同期比9.4%減)、営業利益47.3億円(同32.0%増)。「産業機械事業」が、樹脂製造・加工機械の伸長、およびコスト改善による収益力向上で、営業利益が48.1億円(同12.7%増)に増大して全体をけん引。つれて会社側は、上期予想について売上高は従来の1050億円(同1.9%減)で据え置いたが、営業利益を65.0億円から80.0億円(同8.9%増)に増額。通期は売上高を2050億円から2100億円(前期比1.2%減)に、営業利益を125億円から140億円(同13.4%増)に引き上げている。(イメージ写真提供:123RF)