3日のスポット金は小幅に反発。XAUUSDの終値は1268.70ドル。4日発表される7月の米雇用統計が注目されている。2日には民間雇用で力強いデータが出ており、雇用統計の内容次第では利上げの議論が再燃する可能性も。
 
 3日のニューヨーク原油先物市場でWTI先物は反落。CL_の終値は48.91ドル。米国の原油増産で供給超過が長期化するとの不安をかきたてられ、価格は約1週間ぶりの低水準に沈んだ。(イメージ写真提供:123RF)