ネットマーケティング <6175> (東マ)は、3月31日に東京証券取引所JASDAQに上場。主力の成功報酬型のアフィリエイト広告の戦略立案のほか、交流サイト(SNS)のフェイスブックを使う恋愛仲介サービス「Omiai」、転職仲介サービス「Switch.」を手掛けている。
 
 7月7日に公表した6月度の「Omiai」は、226万9000人(前年同期比50.9%増)、12日に公表した5月度の「Omiai」累計マッチング組数は、953万9000組(前年同期比77.9%増)。6月度は、恋愛マッチングサービス「Omiai」の累計会員数が5月度に続き5割増と堅調に推移。6月28日に、「ショッピング」「スイーツ」「マラソン」といった趣味や関心にまつわるキーワードにより気になる異性を探すことのできる新機能をリリース。これにより、よりマッチング度の高い相手を簡単に表示できるようになったため、マッチング数の向上が期待されている。
 
 前2017年6月期第3四半期業績実績は、売上高69億9100万円、営業利益2億8800万円、経常利益2億7300万円、純利益1億8300万円に着地。
 
 前17年6月期業績予想は、売上高95億1500万円(前期比7.8%増)、営業利益3億8500万円(同41.0増)、経常利益3億6800万円(同34.2%増)、純利益2億5700万円(同45.6%増)を見込む。配当予想は無配を予定している。
 
 株価は、4月13日につけた上場来の安値1062円から6月9日に上場来の高値1679円と上昇。上げ一服で7月7日安値1143円と調整した後、モミ合っている。大株主でファンドを運営するモバイル・インターネットキャピタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 山中卓)は、市場の価格に影響を与えずに市場を通さずブロックトレードで保有株の一部76,000株(発行済株式総数の1.09%相当)を7月7日~7月18日の間に売却。1200円割れが下値として意識された感がある。広告事業では、エステや人材関連等を扱う「サービス」カテゴリーが好調に推移しているほか、メディア事業では、「Omiai」の累計会員数は、増勢基調を継続しており、前17年6月期業績予想は達成できる見通し。今18年6月期も業績が順調に伸びると予想されることから、8月10日に予定される6月期本決算の発表に期待は持てそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)(イメージ写真提供:123RF)