リコーリース <8566> は、リコー製品の販売支援会社として1976年に設立され、それ以後リース・割賦事業と金融サービス事業を軸に総合的なフィナンシャルサービスを展開している。2017年4月からスタートした新3か年中期経営計画では、新たに“「リース」の先へ”をビジョンとして掲げ、既存事業の展開に加え、新たな提供価値を創造し、環境・社会・顧客の発展に役立つサービス・商品を提供し続ける企業へと成長することで、より一層の企業価値向上を目指している。
 
 新中期経営計画では、事業成長戦略と組織能力強化戦略のもと、環境関連分野、事務・情報分野、医療・介護分野、不動産分野の4つの分野を中心に注力している。新中計最終年度2020年3月期リース・割賦事業取扱高3675億円(17年3月期実績3362億円)、医療・介護ファクタリング取扱高1000億円(同606億円)、集金代行サービス取扱件数2500万件(同1755万件)の営業目標と営業利益183億円、ROA1.30%、営業資産残高9000億円の財務目標の達成を目指している。
 
 7月25日午後2時に発表した今2018年3月期第1四半期業績実績は、売上高771億0400万円(前年同期比5.7%増)、営業利益43億1900万円(同横ばい)、経常利益43億2600万円(同0.1%増)、純利益30億3200万円(同2.2%増)に着地。総取扱高は1020億円(同12.1%増)と増加、営業資産残高は7953億円(同114億円増)と増加した。主に事務用機器・情報関連機器、太陽光発電設備を中心とする環境関連機器、車輌及び輸送用機器などの取扱が伸長している。
 
 今18年3月期業績予想は、売上高2973億円(前期比2.1%増)、営業利益168億円(同3.1%減)、経常利益165億円(同4.0%減)、純利益113億円(同4.0%減)を見込む。年間配当予想は、70円(第2四半期末35円、期末35円)で10円増配を予定している。
 
 株価は、2月9日安値3365円、4月17日の年初来安値3340円、5月31日安値3415円と売り直されて底値確認から上昇。今18年3月期第1四半期取扱高が12.1%増と順調に伸びていることを好感した買いが入り、7月25日に年初来高値4020円と上昇している。営業資産残高も順調に増加、中期経営計画達成に対する期待感が高まるほか、今期予想PER10倍台・PBR0.78倍と割安感がある。25日移動平均線をサポートしており、15年8月5日につけた上場来高値4045円を前に好押し目形成となるか注目したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)(イメージ写真提供:123RF)