近年ベトナムでは日本料理店が急増しており、全国で1000店舗を超えている。このうち日本料理店が最も多いのがホーチミン市で、在ホーチミン日本国総領事館によると、その数は659店舗に上り3年前から倍増しているという。

  また、同市の日本料理店の半数が日本人オーナーで、残りはベトナム人によるフランチャイズ(FC)や自営となっている。

  ホーチミン市の近隣省でも、東南部地方バリア・ブンタウ省で24店舗、同ドンナイ省で19店舗、同ビンズオン省で11店舗、南中部沿岸地方カインホア省で11店舗、南中部高原地方ラムドン省で14店舗など、多数の日本料理店が存在し、店舗数は南部地方全域で推定770店舗とされている。

  日本貿易振興機構(ジェトロ)ホーチミン事務所によると、日本料理店が急増する一方で、立地条件の悪さや賃貸料金の高騰により閉店する店舗数も増えているという。

  ベトナムでの日本料理店の増加に伴い、日本の食品や水産物のベトナム輸出を試みる日本企業も増えており、2016年にベトナムは日本の農産品や食品の輸出国として第5位につけた。

  日本からベトナムへの輸出品の中でも水産物の年間輸出額が推定で200億円に上り、対ベトナムの農林水産物の輸出額全体の60%を占める。輸出された水産物はベトナム国内で消費されるほか、サケやタラ、サンマなどは加工後に日本へ再輸出されている。(情報提供:VERAC)