ティムコ <7501> (JQ)はフィッシング用品およびアウトドア用品の企画・開発・販売事業を展開している。17年11月期業績予想を減額修正したが、黒字化予想を維持している。株価は0.3倍近辺の低PBRを見直して、水準切り上げの展開が期待される。
 
■フィッシング用品およびアウトドア用品の企画・販売
 
 フィッシング用品およびアウトドア用品の企画・開発・販売事業を展開している。16年11月期の事業別売上高構成比はフィッシング事業が32%、アウトドア事業が67%、その他(不動産賃貸収入など)が1%だった。
 
 オリジナルアウトドア衣料ブランドである「Foxfire」の商品力強化や、直営店舗「Foxfire Store」の収益力向上に取り組んでいる。
 
■17年11月期第2四半期累計は営業減益だが売上総利益率改善
 
 今期(17年11月期)第2四半期累計(12月~5月)の非連結業績は売上高が前年同期比0.8%減の14億66百万円、営業利益が同31.1%減の8百万円、経常利益が同45.8%減の9百万円、純利益が同2.3%増の9百万円だった。売上高、利益とも計画を下回り営業減益だった。
 
 差引売上総利益は同3.1%増加し、差引売上総利益率は46.6%で同1.7ポイント上昇した。販管費は同3.7%増加し、販管費比率は46.1%で同2.0ポイント上昇した。純利益は特別利益に保険事業譲渡益を計上して増益だった。
 
 セグメント別にみると、フィッシング事業は売上高が同2.7%減の5億14百万円で営業利益が同18.2%減の74百万円、アウトドア事業は売上高が同0.3%増の9億35百万円で営業利益が同47.7%増の48百万円だった。フィッシング事業では、ルアー用品は新製品投入効果で増収だったが、フライ用品が天候不順や市場低迷の影響で苦戦した。アウトドア事業は市場低迷の影響を受けたが、マークダウン(割引販売)等の店頭販売促進策や防虫衣料「スコーロン」の拡販などで増収増益だった。
 
 四半期別推移を見ると、売上高は第1四半期6億12百万円、第2四半期8億54百万円、営業利益は31百万円の赤字、39百万円の黒字だった。営業損益は改善基調だ。
 
■17年11月期通期予想を減額だが、黒字化予想で収益改善期待
 
 今期(17年11月期)通期の非連結業績予想(7月7日に減額修正)は、売上高が前期(16年11月期)比1.4%増の28億68百万円、営業利益が23百万円の黒字(前期は20百万円の赤字)、経常利益が23百万円の黒字(同11百万円の赤字)、純利益が16百万円の黒字(同23百万円の赤字)としている。配当予想は前期と同額の年間12円(期末一括)で予想配当性向は185.8%となる。第2四半期累計が計画を下回ったため通期予想を減額修正したが、黒字化予想を維持した。
 
 基本戦略として規模の拡大よりも内容の充実に重点を置き、フィッシング事業においてはブランド力強化とネット活用による収益性向上、アウトドア事業においては衣料ブランド「Foxfire」の商品力強化や直営店舗「Foxfire Store」の収益性向上に努めるとしている。収益改善を期待したい。売上総利益率が改善傾向であり、通期ベースでの収益改善を期待したい。
 
■株主優待制度は毎年11月末に実施
 
 株主優待制度は、毎年11月30日現在の株主を対象として実施している。優待内容は、100株以上~1000株未満保有株主に対してFoxfire Store20%OFFお買物優待券1枚、1000株以上保有株主に対してFoxfire Store20%OFFお買物優待券2枚贈呈する。株主優待券利用対象店舗は直営店(会社ホームページを参照)となる。
 
■株価は低PBRを見直して水準切り上げ期待
 
 株価は5月下旬に動意づいて6月19日には675円円まで急伸した。その後は旧反落したが、動意前の400円台まで下押すことなく下値切り上げの動きを強めている。
 
 7月21日の終値531円を指標面で見ると、今期予想PER(会社予想のEPS6円46銭で算出)は82倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間12円で算出)は2.3%近辺、前期実績PBR(前期実績のBPS1965円77銭で算出)は0.3倍近辺である。時価総額は約18億円である。
 
 週足チャートで見ると上向きに転じた13週移動平均線がサポートラインとなりそうだ。0.3倍近辺の低PBRを見直して水準切り上げの展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)(イメージ写真提供:123RF)