今後の中国経済をリードするのは消費となりそうだ。  大和総研の経済調査部主席研究員、齋藤尚登氏は7月20日、『中国:4月~6月は高水準の成長率を維持』と題したレポート(全10ページ)を発表し、国家統計局の公表したデータを元に、中国国内の景気の動向を考察している。(情報提供:大和総研)(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む