東京市場のドル/円は、手がかり材料に乏しい中で112円ちょうどを挟んでもみ合う展開となりました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

7/19(水)
17:00 南アフリカ6月消費者物価指数
18:00 ユーロ圏5月建設支出
20:00 モルガン・スタンレー決算
20:00 南アフリカ5月小売売上高
21:30 カナダ5月製造業出荷
21:30☆米6月住宅着工件数
21:30☆米6月建設許可件数
23:30☆米EIA週間原油在庫統計

7/20(木)
08:50☆日6月貿易収支
10:30☆豪6月雇用統計
※☆は特に注目の材料

 本日は米国で6月住宅着工件数が発表されますが、注目度はやや低めです。

 それ以上に、米政治情勢に対する不透明感を払拭する材料が見当らない中、ドル/円は上値の重い展開が続きそうです。

 昨日に続いて米長期金利が低下するようならば、昨日安値(111.686円)割れを試す機運が高まる見通しです。
(欧米時間のドル/円予想レンジ:111.300-112.500円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)