ライク <2462> が大幅高で3日続伸。午前9時34分に前日比515円(16.0%)高の3735円まで買われ、6月20日に付けた年初来高値3535円を更新している。
   
 14日引け後に発表した17年5月期の連結業績は、売上高401億円(前期比25.8%増)、営業利益15.2億円(同59.9%増)。人材の確保が多くの企業の成長における深刻な課題となる中、販売員が不足するモバイル・アパレル等のサービス業界、インターネット販売の普及等に伴い人材が逼迫しているコールセンターや物流業界などを中心に需要が拡大。主力の「総合人材サービス事業」が売上高194億円(前期比24.0%増)、営業利益21.2億円(同30.2%増)となって全体をけん引した。
 
 18年5月期については売上高470億円(同17.3%増)、営業利益17.8億円(同16.7%増)を計画。同時に、17年8月31日を基準日として1株につき2株の株式分割を実施すると発表。投資単位当たりの金額の引き下げることにより、株式の流動性の向上を図ることが目的。(イメージ写真提供:123RF)