インターネットインフィニティ― <6545> (東マ)は、3月21日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は「健康な未来」というコーポレートスローガンのもと、「創意革新と挑戦による、超高齢社会における課題解決」を企業行動指針(ミッション)と位置づけ、全国のケアマネジャー87,000人が登録するウェブサイト「ケアマネジメント・オンライン」、全国にリハビリ型デイサービス「レコードブック」を展開する等、ヘルスケアサービス(ヘルスケアソリューション事業、在宅サービス事業)を提供している。
 
 7月3日に同社は、「仕事と介護の両立」を支援する企業様向けの福利厚生サービスとして、認知症のサポートに特化した『わかる認知症』、対面での介護相談が可能な『わかるかいご相談センター』の提供を開始したと発表した。『わかる認知症』とは、65歳以上の高齢者のうち、4人に1人が持つといわれている”認知症””軽度認知障害(MCI)のサポートに特化したサービスで、本年4月から大同生命保険株式会社の契約者向けサービス(認知症 Plus+Web)として、提供を開始している。また、『わかるかいご相談センター』では、「介護コンシェルジュ」サービスを拡充し、これまで要望の多かった”対面での介護相談”を受ける『わかるかいご相談センター』の提供も開始している。
 
 今2018年3月期第2四半期業績予想は、売上高15億7900万円(前年同期比15.5%増)、営業利益8300万円(同87.6%増)、経常利益7900万円(同111.2%増)、純利益5200万円(同135.1%増)を見込む。
 
 今18年3月期業績予想は、売上高33億円(前期比16.3%増)、営業利益2億7800万円(同61.5%増)、経常利益2億円(同84.6%増)、純利益1億7100万円(同65.1%増)を見込む。
 
 株価は、4月3日高値6400円から4月14日の上場来安値3865円まで短期調整。今期大幅増益見込みに加え、仕事と介護の両立支援サービス「わかるかいごBiz」における認知症のサポートに特化した『わかる認知症』、対面での介護相談が可能な『わかるかいご相談センター』の提供開始による業容拡大に対する期待感から、7月7日に上場来高値9690円と上昇。同社従業員がサービス利用者に対する窃盗容疑で逮捕されたことを受け、上げ一服となったが切り返している。同社は警察の捜査に全面的に協力していくとともに、事実関係が明らかになり次第、厳正に対処していく方針で、再度、25日移動平均線がサポートしており、一過性の下げと受け止められたようだ。「健康寿命の延伸」という重要課題において、3時間のリハビリ型デイサービス「レコードブック」や仕事と介護の両立支援サービスの需要がさらに拡大すると予想されることから、悪材料を織り込み高値奪回へ向かうか注目したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)(イメージ写真提供:123RF)