寿スピリッツ <2222> は「お菓子の総合プロデューサー」を企業ビジョンに掲げ、首都圏エリア展開強化や商品プレミアム化などの重点施策を加速している。18年3月期も2桁増収増益・増配予想で、第1四半期の売上状況は前年同期比17.9%増収だった。通期予想に増額の可能性がありそうだ。株価は自律調整一巡して6月の上場来高値を試す展開が期待される。なお8月1日に第1四半期決算発表を予定している。
 
■「お菓子の総合プロデューサー」として地域限定ブランド菓子を展開
 
 地域限定ブランド菓子の製造・販売を主力とする持株会社である。全国各地のお菓子のオリジナルブランドとショップブランドを創造する「お菓子の総合プロデューサー」を企業ビジョンに掲げている。
 
 重点施策として、プレミアム・スイーツブランドの創出と育成(地域・チャンネル特性にマッチした商品開発推進、主力商品リニューアルによるバージョンアップと価格改定、販路開拓やリアル店舗と通販の融合、新業態店の拡大)、インバウンド対策の強化(国内主要国際空港における免税売店等への販売強化、直営店舗での免税対応強化)、首都圏でのWSR化展開(シュクレイのブランド力向上、フレンチトースト専門店「Ivorish(アイボリッシュ)」など新ブランド確立)、海外展開、生産性向上による製造採算改善などを推進している。
 
 収益特性として、クリスマス・年末年始商戦などで下期の構成比が高くなる季節要因がある。また駅・空港・高速道路SAなど交通機関チャネルでの土産品としての販売比率が高いことも特徴である。
 
■18年3月期2桁増収増益・連続増配予想、さらに増額の可能性
 
 今期(18年3月期)の連結業績予想(5月15日公表)は、売上高が前期(17年3月期)比10.6%増の360億円、営業利益が同15.7%増の44億50百万円、経常利益が同15.4%増の45億円、純利益が同22.4%増の31億50百万円としている。配当予想は同5円増配の年間30円(期末一括)で、予想配当性向は29.6%となる。
 
 7月13日発表した第1四半期(4月~6月)の売上状況(概算)は、前年同期比17.9%増収と好調だった。ケイシイシイが21.4%増収、シュクレイ(17年4月1日付でフランセを吸収合併)が28.0%増収と好調で全体を牽引した。通期予想に増額の可能性がありそうだ。
 
■株価は自律調整一巡、好業績評価して6月の上場来高値試す
 
 株価の動きを見ると、6月15日の上場来高値4035円から利益確定売りで反落して上げ一服の形だったが、3500円近辺から切り返しの動きを強めている。
 
 7月14日の終値3780円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS101円22銭で算出)は37~38倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間30円で算出)は0.8%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS409円20銭で算出)は9.2倍近辺である。時価総額は約1176億円である。
 
 週足チャートで見ると13週移動平均線近辺から切り返してサポートラインを確認した形だ。自律調整が一巡し、好業績を評価して上値を試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)(イメージ写真提供:123RF)