ドル円はイエレンFRB議長が議会下院の証言で、インフレ率の不確実性を指摘したことで反落。一時は113円を割り込んだが、113円10-120銭近辺まで値を戻して引ける。長期金利の大幅低下もドル売りに拍車。ユーロドルも反落。1.14台半ばから1.14台割れまでユーロ安が進み、対円でも130円を割り込む。株式市場は急反発。議会証言から急激な利上げはないとのシグナルに反応しダウは123ドル上昇し、2万1532ドルと・・・・

続きを読む