ローツェ <6323> が急反落。午前9時09分に前日比215円(7.7%)安の2581円まで売られ、値下がり率は東証1部の上位となっている。
  
 10日引け後に発表した18年2月期第1四半期(3-5月)の連結業績は、売上高106億円(前年同期比92.3%増)、営業利益9.7億円(同35.4%減)。売上高は倍増したが、利益の急減が失望売りを招いた。新規性の高いガラス基板関連自動化装置を超短納期で大量に受注したことに伴うコスト増が減益の要因。
 
 ただ、これは想定線で、受注高は147億円(同2.3倍)と過去最高を記録。受注残高も136億円(前年同期末比90%増)に積み上がっている。売上高305億円(同3.3倍)、営業利益29.0億円(同35.1%増)とする上期予想に変更はなく、株価は売り一巡後の戻りが期待されるところ。(イメージ写真提供:123RF)