東京市場のドル/円は、利上げ継続姿勢の米国に対し、緩和姿勢を維持する日本との金融政策の方向性の違いにより、円安・ドル高が進みやすい地合いとなる中でじり高で推移。

 15時過ぎに114.20円台まで一段高となっています。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

7/10(月)
23:00  6月米労働市場情勢指数(LMCI)
28:00  5月米消費者信用残高

7/11(火)
10:30  6月豪NAB企業信頼感
10:30  5月豪住宅ローン貸出
※☆は特に注目の材料

 この後も目玉となる経済イベントは見当りません。

 したがって、日米の金融政策の方向性の違いというテーマからそれる可能性は低く、米長期金利が上昇する場面ではドル/円相場に上昇圧力が掛かりやすいと見ます。

 その他、欧米株価の動向にも注目です。
(欧米時間のドル/円予想レンジ:113.700-114.900円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)