ドル円は良好な雇用統計を受け114円台に乗せ、約2カ月ぶりとなる114円18銭までドル高が進む。ユーロドルはしっかり。1.14台を挟み上下したものの、根強いユーロ円買いもあり、1.1440までユーロ高が進む。ユーロ円も130円12銭まで上昇し、こちらは1年5カ月ぶりの水準を記録。

 株式市場は揃って反発。予想以上の雇用統計に安心感が広がりダウは94ドル(0.4%)上昇。S&P500は0.6%上昇し、ナスダックも1.0%上昇。債券相場は続落。好調な労働市場に、利上げ観測が正当化され、債券は売りものが優勢に。長期金利は2.38%台まで上昇。ドル高が進んだことで金は売られ、前日比13ドル安。原油も反落し、44ドル台で引ける。


6月非農業部門雇用者数    →  22.2万人

6月失業率          →  4.4%

6月平均時給(前年比)    →  0.2%

6月平均時給(前月比)    →  2.5%

6月労働参加率        →  62.8%

ドル/円113.50~ 114.18

ユーロ/ドル1.1380~ 1.1440

ユーロ/円  129.50~ 130.12

NYダウ  +94.30 → 21,414.34

GOLD  -13.60→ 1,209.70ドル

WTI -1.19 → 44.33ドル

米10年国債  +0.020 → 2.386%


本日の注目イベント

日  5月、1-3月国際収支
中  中国 6月消費者物価指数
中  中国 6月生産者物価指数
独  独5月貿易収支
米  6月労働市場情勢指数(LMCI)
米  5月消費者信用残高

 6月の雇用統計はまあまあの内容でした。失業率は4.4%と、5月の4.3%からは悪化したものの、非農業部門雇用者数は22.2万人と、予想の17万人からは大きく増加しており、さらに5月分と4月分も共に上方修正されました。

 ちょうど先月の雇用統計発表時とは正反対の状況でした。ここまで見る限り、イエレン議長が「第一四半期の景気の鈍化は一時的なもの」と述べた言葉が正当化されたことになります。したがって、このままの状況が続けば、年内あと1回の利上げと、バランスシートの縮小開始が実施される可能性は高いと判断できます。br>

 ドル円は雇用統計発表後に113円台半ばまで売られ、その後米長期金利の上昇を材料に114円台までジリ高が続きましたが、今回の114円台乗せの原動力は雇用統計というよりも、金曜日の朝方の日銀の債券オペの姿勢にあったように思います。この日の朝10時過ぎ、日銀は5カ月ぶりに「指し値オペ」を実施しました。欧米の長期金利が、金融政策の変更があるとの見方からじり高となり、この影響を受ける形で日本の長期金利も上昇傾向にありました。

 日銀は「指し値オペ」をすることで、金利を上昇させないという「強い意志」を見せたということです。それまで「0.105%」で推移していた長期金利は、日銀のアナウンス以後「0.085%」まで低下(価格は上昇)しました。つまり、今後も超低金利政策は維持されるということです。

 ECBは年内にも量的緩和の縮小に踏み切ると見られており、FRBやBOEなども含め、中央銀行の政策スタンスの差が円売りにつながったと観ることができます。そう考えると、先週金曜日の「ドル円114円台への上昇」には影の伏線があったと言っていいのかもしれません。雇用統計では賃金の伸びが思ったほど強くはなく、FRBもここの部分には注目しているようですが、それでも今後の利上げを阻止するものではないという印象です。

 ドル円は114円18銭までドル高が進みました。先週月曜日には112円台前半でしたので、先週1週間で2円ほど円安に振れたことになります。2円の値幅そのものはそれほど大きな変動ではありませんが、110-112円のレンジが長かっただけに、値幅以上に「円安に振れた」というイメージはあります。ここから上値はこれまでにも述べた通り、114円33銭辺りにある「120週移動平均線」が意識されます。

 ここを明確に抜ければ、「115円台が見えてくる」と予想していますが、それでもドルの上昇は緩やかなものになろうかと思います。米長期金利もジワジワ上昇傾向を見せていますが、これがドルの支えとなって今しばらくはドルが「強含む」と観ています。本日も円安を好感して日本株は上昇すると観られます。ドル円がどこまで株高に引っ張られるかという視点で、レンジは113円50銭~114円50銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)