東京市場のドル/円は、113円ちょうどを挟んでの往来となり、方向感が定まりませんでした。

 欧米市場の動きに期待したいところですが、まずは注目イベントを確認しておきましょう。

7/6(木)
16:15  スイス6月消費者物価指数
16:45  ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
19:00  プラートECB理事、講演
20:30  米6月チャレンジャー人員削減数
20:30  ECB理事会議事要旨(6月8日分)
21:15☆米6月ADP全国雇用者数
21:30☆米新規失業保険申請件数
21:30☆米5月貿易収支
21:30  カナダ5月住宅建設許可件数
21:30  カナダ5月貿易収支
23:00☆米6月ISM非製造業景況指数
23:00 パウエル米FRB理事、講演
24:00☆米EIA週間原油在庫統計
25:00  バイトマン独連銀総裁、ノボトニー・オーストリア中銀総裁、議論
※☆は特に注目の材料

 今夜は米重要統計の発表が続きます。

 中でも、6月ADP全国雇用者数と新規失業保険申請件数および6月ISM非製造業景況指数は明日の6月雇用統計の前哨戦として注目されます。

 それぞれ、良好ならドル高、悪化ならドル安という是々非々の反応を示す事でしょう。

 そのほか、EIA週間原油在庫統計で原油価格が変動すれば、米長期金利を経てドル/円にも影響が出る可能性があります。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.500-113.900円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)