ラクト・ジャパン <3139> が続急騰。午前9時09分に前日比330円(8.7%)高の4135円まで買われ、6月21日に付けた年初来高値4000円を更新している。
  
 5日引け後に、17年11月期第2四半期累計(16年12月-17年5月)、および通期の連結業績予想を上方修正。第2四半期累計について売上高を従来の407億円から465億円(前年同期比7.5%増)に、経常利益を6.0億円から17.7億円(同4.0倍)にそれぞれ増額。通期は売上高を877億円から956億円(前期比7.8%増)に、経常利益を14.4億円から20.2億円(同40.9%増)に引き上げている。
 
 供給が厳しくなっている高付加価値の乳脂肪原料は、調達が可能となったことで販売数量が増加し、国内生乳生産量の減少傾向を背景に輸入乳原料の販売は好調に推移。為替相場が円安基調で推移していることから、為替ヘッジ効果による「為替差益」が営業外収益に計上され、経常利益は大幅増益となる見込み。(イメージ写真提供:123RF)