アーバネットコーポレーション <3242> (JQ)は東京23区中心に投資用・分譲用マンションの開発・販売事業を展開している。17年6月期2桁増益予想である。需要が高水準で18年6月期も好業績が期待される。株価は年初来高値圏から反落したが、調整一巡して戻りを試す展開が期待される。なお8月9日に17年6月期決算発表を予定している。
 
■東京23区中心に投資用マンション開発・販売
 
 東京23区中心に投資用・分譲用マンションの開発・販売事業を展開している。
 
 15年7月連結子会社アーバネットリビングが操業し、当社は投資用ワンルームマンション開発・1棟販売や分譲マンション開発などBtoB卸売、アーバネットリビングは当社開発物件の戸別販売、他社物件の買取再販、マンション管理・賃貸などBtoC小売を基本事業としている。
■17年6月期2桁増益・増配予想
 
 前期(17年6月期)の連結業績予想(4月20日に売上高を減額、利益を増額)は、売上高が前々期(16年6月期)比0.1%増の177億30百万円、営業利益が同17.2%増の23億50百万円、経常利益が同20.3%増の20億70百万円、純利益が同22.9%増の14億円としている。
 
 売上計上の計画は、自社開発投資用ワンルームマンション13棟・587戸、アパート1棟・12戸の合計599戸(16年6月期の分譲戸建4棟含む合計662戸に対して63戸減少)および買取再販4戸、土地転売1物件である。
 
 超低金利継続や相続税対策による不動産投資などを背景として、投資用ワンルームマンションに対する投資・購入マインドは旺盛である。また国内外法人や個人への一括販売が増加して売上総利益率が上昇傾向である。今期(18年6月期)も好業績が期待される。
 
■株価は年初来高値圏から反落したが調整一巡して戻り試す
 
 株価の動きを見ると6月13日の年初来高値485円から反落し、6月期末配当権利落ちも影響して水準を切り下げた。
 
 7月4日の終値418円を指標面で見ると、前期推定連結PER(会社予想の連結EPS55円88銭で算出)は7~8倍近辺、前期推定配当利回り(会社予想の年間20円で算出)は4.8%近辺、そして前々期実績連結PBR(前々期実績の連結BPS234円60銭で算出)は1.8倍近辺である。なお時価総額は約105億円である。
 
 週足チャートで見ると13週移動平均線を割り込んだが、26週移動平均線がサポートラインとなりそうだ。調整一巡して戻りを試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)(イメージ写真提供:123RF)