東京市場のドル/円は、北朝鮮が日本海に向けてミサイルを発射した上に、午後に国営放送を通じて「特別重大報道」を行うと発表した事から警戒感が広がり、113円台を割り込みました。

 なお、北朝鮮の「特別重大報道」は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験の成功であった事がわかっています。

 欧米市場の反応が気になるところですが、まずは注目イベントを確認しておきましょう。

7/4(火)
17:30   6月英建設業PMI
18:00   5月ユーロ圏生産者物価指数
21:30   プラートECB理事、講演
25:30   ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

 本日7月4日は米国の独立記念日です。

 NYタイムは経済指標などの発表もなく、株や債券市場も休場となります。

 為替取引は行われるものの、参加者はごく少数となるため閑散ムードの公算が大です。

 北朝鮮の「特別重大報道」に対して米政権が過剰に反応をしなければ、ドル/円は大きく動かないかもしれません。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.500-113.400円)