Fringe81 <6550> (東マ)は、本年6月27日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、インターネット広告技術の開発とコンサルティングを行っている。Fringe81は、アドテクノロジー、スマホ広告、広告監査サービス、HRテックにおける競争が少なく成長が見込まれる「キワ(Fringe)」の領域を開拓。 近年は急速に業態転換を進め、高収益化とともに成長ペースを加速、収益化のフェーズに入り、今後はさらなる収益の拡大を目指している。
 
 メディアグロースサービスでは、アドネットワークの運営とインターネットメディアの広告事業収益化にかかる業務支援を行っている。ウェブサービスでは、HRテック(IT技術を活用して人事領域業務の改善を行うサービス)領域において相互評価・賞賛のためのサービス「Unipos」を提供しているほか、コミュニティアプリ「シンクル」を提供している。広告代理サービスでは、Google、Yahoo!、Facebook等から広告媒体を買い付け、大手広告主及び広告代理店に販売している。
 
 今2018年3月期第2四半期業績予想は、売上高24億1100万円、営業利益2300万円、経常利益2000万円、純利益1500万円を見込む。
 
 今18年3月期業績予想は、売上高58億7300万円(前期比24.4%増)、営業利益2億9900万円(同3.2倍)、経常利益2億9300万円(同3.3倍)、純利益2億円(同2.4倍)を見込む。上場で調達した資金は、研究開発と人材の採用関連に充てる計画で、成長投資を優先し、配当は見送る予定。
 
 株価は、上場初日の6月27日に公開価格2600円の2.3倍となる6060円で初値をつけ、 同28日高値6570円と買い進まれた後、7月3日安値4730円まで短期調整を挟んで上昇している。運用型広告市場は直近6年で平均20.1%成長しており、広告代理サービスの成長が続くと予想されるほか、メディアグロースサービスにおいて、広告配信可能なウェブサイトやアプリケーションを複数束ね、広告主からの発注を一元化して広告配信するサービスへの尽力は注目される。競争が少なく成長が見込まれる「キワ(Fringe)」領域の開拓、高収益化、さらなる収益拡大に対する期待は膨らんでおり、売り一巡から再度高値を狙うか市場の関心を集めそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)(イメージ写真提供:123RF)