昨日のドル/円相場は、良好な米6月ISM製造業景況指数を受けて約1カ月半ぶり高値となる113.40円台に上昇。ただ、その後は米株式・債券市場が短縮取引となる中で盛り上がりを欠いた。
 本日は米国が休場(独立記念日)である事や、アジア~欧州時間を通して目玉となりそうな経済イベントが見当らない事もあり、積極的な動きは期待しづらい。上げたとしてもボリンジャーバンド+2シグマ(執筆時点:113.601円)付近がレジスタンス、下げたとしても先月29日高値(112.926円)がサポートとなるだろう。
本日の予想レンジ:112.900-113.700円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)