東京市場のドル/円は、昨日までの円安の流れが一服する中、日経平均が一時2万円の大台を割ると111.70円台まで下落しています。
欧米市場に入るに注目イベントを確認しておきましょう。

6/30(金)
16:55 6月独雇用統計
17:30 1-3月期英GDP・確報値
17:30 1-3月期英経常収支
18:00☆6月ユーロ圏消費者物価指数・速報値
19:30 ラウテンシュレーガーECB理事、講演
21:00 5月南アフリカ貿易収支
21:30 5月米個人所得
21:30 5月米個人消費支出(PCE)
21:30☆5月米コアPCEデフレーター
21:30☆4月カナダGDP
21:30 5月カナダ鉱工業製品価格
21:30 5月カナダ原料価格指数
22:45☆6月米シカゴ購買部協会景気指数
23:00 6月米ミシガン大消費者信頼感指数・確報値
※☆は特に注目の材料

米国の金利正常化ペースが「経済データ次第」とされる中、本日は5月コアPCEデフレーターに注目です。
事前予想は前年比+1.4%と前月(+1.5%)と比べわずかながら伸びが鈍化すると見られています。
また、ユーロ圏で6月消費者物価指数・速報値の発表が予定されています。
事前予想は前年比+1.2%と、こちらも前月(+1.4%)から伸びの鈍化が見込まれています。


(欧米時間のドル/円予想レンジ:111.400-112.600円)