東京市場のドル/円は、手掛り材料不足の中、小動きながらも112円台前半で高止まりの展開でした。

 欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目イベントを確認しておきましょう。

6/29(木)
17:30   英 5月消費者信用残高
17:30   英5月マネーサプライM4
18:00   ユーロ圏6月消費者信頼感指数・確報値
18:30   南アフリカ5月生産者物価指数
21:00☆ 独6月消費者物価指数・速報値
21:30☆ 米1-3月期GDP・確報値
21:30☆ 米1-3月期個人消費・確報値
21:30☆ 米新規失業保険申請件数
26:00   ブラード米セントルイス連銀総裁、講演

6/30(金)
07:45   NZ5月住宅建設許可
08:30☆ 日本5月消費者物価指数
08:30   日本5月失業率
08:50   日本5月鉱工業生産・速報値
10:00☆ 中国6月製造業PMI
※☆は特に注目の材料

 今夜は、米1-3月期国内総生産(GDP)が発表されます。

 ただ、速報値、改定値に続く確報値につき、やや「鮮度」が低いのが難点です。

 改定値(前期比年率+1.2%)からの修正が小幅なら取引材料にはしにくそうです。

 そのほか、ドイツでは6月消費者物価指数・速報値が発表されます。

 先日のドラギ欧州中銀(ECB)総裁の発言を巡って域内のインフレ状況に注目が集まっており、結果次第ではユーロが大きく変動する可能性があります。

 このところ、ユーロ/円に引っ張られる形でドル/円が動く事が多いため、独6月消費者物価指数にも要注意です。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:111.800-112.900円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)