外為どっとコムは6月27日、日本マイクロソフトのパートナーである南国ソフトと共同でマイクロソフト・ホロレンズ(Microsoft HoloLens)専用のマーケット情報閲覧ツール「Market MR」を開発したと発表した。近日中にWindows Storeにてベータ版を無料ダウンロード提供開始する。MR(Mixed Reality:複合現実)技術を使ったマーケット情報閲覧ツールの提供は、わが国で初のこと。

 「Market MR」は、ホロレンズを通して見る仮想空間上に外国為替レートやチャート、経済ニュースなどを表示できる。「ハッドアップディスプレイモード」と「拡張ディスプレイモード」の2つのモードが実装されている。

 「ヘッドアップディスプレイモード」は、実景を見ながら、視界の左右に為替レート、経済指標などを表示できる。画面全体が視線の動きに追従するので、視界を邪魔されずマーケット情報の閲覧が可能。表示できる外為レートは、外為どっとコムで取引可能な20通貨ペアから任意で3通貨ペアを選んで表示できる。また、視界右下にある地球儀アイコンの色が変化して(動きが激しくなると白から赤に変わる)相場の動きを知ることができる。

 「拡張ディスプレイモード」では、外国為替レート、チャート、経済ニュースのパネルを自由な位置に固定して表示することができる。外国為替レートは6通貨ペアの表示ができる。チャートは最大20枚まで表示できる。経済ニュースは、ニュースタイトルをAir-Tapすることで詳細を確認することができる。

 外為どっとコムは、「MRをはじめとする各種最先端技術と金融関連情報との融合を図るサービスを開発・提供し、個人投資家の皆様のサポート、ひいては本邦におけるフィンテックのさらなる発展の一助となるべく取り組んでまいります」としている。(写真は、「ヘッドアップディスプレイモード」の閲覧画面イメージ)