トルコリラ/円は今月7日に30.70円台まで下押した後は堅調に推移。26日の欧州市場序盤で31.90円台まで上昇して、2015年1月末以来初めて200日移動平均線を突破した。週足では約2年ぶりに13週線が26週線を上抜くなど、2年以上ほぼ一本調子で下落していた相場が反発局面に入りつつある。上昇トレンドが継続するかは、5月に付けた直近高値(16日の31.997円)を突破できるかが焦点となろう。もし超えられるようならば、目先は週足の一目均衡表の雲下限(今週は33.006円)に向けた一段高もあるだろう。
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)