ハノイ市税務局は、フェイスブック(Facebook)などでインターネットショップを運営する企業および個人から税金を徴収するための計画を始動した。

  同局はインターネットショップを運営する企業・個人の経営状況を把握した上で、フェイスブックでインターネットショップを運営するユーザー1万3422人に対し、ガイダンスに基づいて税申告を行うよう求める内容のメッセージを一斉に送信した。

  現行規定では、年間売上高が1億VND(約49万円)以上のインターネットショップを運営するベトナム人個人に対して税金を科すとし、税率は付加価値税(VAT)が1.0%、個人所得税が0.5%となっている。年間売上高が1億VND(約49万円)未満の場合は納税義務を負わない。

  なお、ホーチミン市税務局はこれに先立ち、フェイスブックでインターネットショップを運営するユーザー1万3470人に税申告を行うよう求める内容のメッセージを送信し、税金の徴収を開始している。(情報提供:VERAC)