東京市場のドル/円は、日経平均が軟調に推移する中で111.10円台までじり安となりました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。


6/21(水)
17:00  5月南ア消費者物価指数
20:00  ホールデン英MPC委員、講演
23:00☆5月米中古住宅販売件数
23:30☆米EIA週間原油在庫統計
30:00☆RBNZオフィシャル・キャッシュレート
※☆は特に注目の材料


 米年内利上げ打ち止め観測等を背景として、足元で上値の重いムードとなっています。

 本日は米中古住宅販売件数が発表されますが、米金融政策への影響度の観点からは、経済イベントとしてやや小粒です。

 したがって、上値の重さを払拭するのは容易ではなさそうです。

 なお、NZで金融政策の発表があります。

 事前予想について、政策金利の据え置き(1.75%)がコンセンサスとなっています。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:110.700-111.700円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)