ダイヘン <6622> が大幅高で続伸。米国におけるテクノロジー株の上昇で半導体関連株に物色のほこ先が向かう中、午後12時53分に前日比52円(6.0%)高の923円まで上昇。9日の年初来高値898円を更新している。
  
 同社の17年3月期は連結営業利益が87億円(前期比6.7%減)にとどまったが、下期に、世界トップシェアを誇るシリコンウェハ・大型液晶ガラス基板の真空搬送ロボットが活況となり、「半導体関連機器事業」のけん引で営業利益は従来予想を7.1億円超過。上期の連結営業利益25.8億円(前期比40.4%減)に対し、下期は61.3億円(同22.4%増)と大きく巻き返している。
 
 18年3月期は「半導体関連機器事業」や「電力機器事業」の豊富な受注残高を背景に、売上高1450億円(同7.5%増)、営業利益100億円(同14.9%増)と2ケタ増益を計画。(イメージ写真提供:123RF)