東京市場のドル/円は、一時109.20円台まで下落しましたが、時間外取引の米長期金利が持ち直した事などから109.80円台まで反発。

 もっとも、110円台復帰の壁は厚く、その後は109円台半ばに押し戻されています。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

6/15(木)
16:30☆ スイス中銀、政策金利発表
17:30☆ 英5月小売売上高
18:00   ユーロ圏4月貿易収支
20:00☆ 英中銀(BOE)金融政策発表
20:00☆ BOE議事録
20:00☆ トルコ中銀、政策金利発表
21:30☆ 米6月NY連銀製造業景気指数
21:30☆ 米新規失業保険申請件数
21:30☆ 米6月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
21:30   米5月輸入物価指数
21:30   カナダ4月製造業出荷
22:15☆ 米5月鉱工業生産
22:15☆ 米5月設備稼働率
23:00   米6月NAHB住宅市場指数
29:00☆ カーニーBOE総裁、講演
29:00   米4月証券投資動向
----- ユーロ圏財務相会合(ルクセンブルク)
※☆は特に注目の材料

 米FOMCは「ややタカ派的」と市場に受け止められましたが、その前に発表された米5月消費者物価指数と米5月小売売上高の弱さを打ち消す事はできませんでした。

 FOMCが、今後の利上げやバランスシート縮小の道筋については「経済データ次第」としているため仕方がないのかもしれません。

 きょうのドル/円の動きも「経済データ次第」となる可能性がありそうです。

 新規失業保険申請件数や5月鉱工業生産などの米経済指標に注目です。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:108.900-110.400円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)