スバル興業 <9632> が急反騰。午前9時20分に前日比71円(14.1%)高の573円まで買われ、1月12日に付けた年初来高値563円を更新している。
 
 8日引け後に発表した18年1月期第1四半期(17年2-4月)の連結業績は、売上高65億2600万円(前年同期比10.5%増)、営業利益14億6400万円(同26.2%増)。主力の「道路関連事業」は、既存工事の増工や追加受注、雪氷対策作業への効率的な対処、原価管理の徹底によるコストの削減や業務の効率化などにより、セグメント利益が14億5400万円(同27.2%増)となって全体をけん引。連結営業利益の通期予想(前期比13.4%増の24億6000万円)に対する進ちょく率は59.5%と、前期実績の53.5%に比べ順調な推移をみせている。(イメージ写真提供:123RF)