東京市場のドル/円は、安く始まった日経平均がプラス圏を回復した事などから、110.70円台まで上昇しました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

6/5(月)
17:30☆英5月サービス業PMI
21:30  米1-3月期非農業部門労働生産性・確報
23:00☆米5月ISM非製造業景況指数
23:00  米5月労働市場情勢指数(LMCI)
23:00  米4月製造業新規受注

6/6(火)
10:30  豪1-3月期経常収支
※☆は特に注目の材料

 前週末の米5月雇用統計で悪化した市場心理が戻るか、本日は米5月ISM非製造業景況指数に注目です。

 事前予想(57.1)を上回れば、ドル/円は東京市場に続いて堅調推移となる公算です。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:110.000-111.200円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)