東京精密 <7729> が5日続伸。13時51分に前日比45円(1.1%)高の3985円を付け、2月14日に付けた年初来高値3965円を更新している。
  
 同社の17年3月期は連結売上高778億円(前期比10.7%増)、営業利益137億円(同3.3%増)。上期段階では13.8%減益だったが、旺盛な半導体需要を背景に「半導体製造装置部門」が下期に大きく盛り返し、営業利益は従来予想を6.6億円超過。減益予想が一転、増益での着地となった。
 
 続く18年3月期は売上高790億円(前期比1.6%増)、営業利益140億円(同2.5%増)を計画。ただ、17年3月期第4四半期(17年1-3月)を見ると、営業利益は39.2億円(前年同期比15.9%増)と好調な推移を示しており、期末の「半導体製造装置部門」の受注残高は前年同期末比5割増の176億円と、ここ10年間で最高水準を確保。増額期待が広がっているようだ。(イメージ写真提供:123RF)