スズデン <7480> が続伸。午前9時33分に31円(2.9%)高の1167円まで買われ、3月21日に付けた年初来高値1172円に迫っている。
  
 1日引け後に発表した18年3月期5月度の売上高(速報)は、前年同月比31.9%増の35.9億円と、4月の同25.3%増の37.5億円に続き好調な推移を示した。
 
 同社はオムロン <6645> の大手代理店で、17年3月期上期は連結営業利益が3.7億円(前年同期比38.4%減)と苦戦。しかし、半導体・液晶製造装置関連の主要顧客で半導体の微細化・積層化に伴う生産増が第2四半期(16年7-9月)より顕著となり、第3四半期(同10-12月)からはより鮮明となって第4四半期(17年1-3月)も継続する中、通期の営業利益は10.1億円(前期比1.6%増)と、従来予想を1.2億円超過して増益を確保した。
 
 足もとも良好な環境が持続していると見られ、売上高438億円(前期比4.6%増)、営業利益11.9億円(同17.4%増)とする通期予想には保守的な印象が漂う。(イメージ写真提供:123RF)