クイック <4318> が急騰。午前9時59分に前日比142円(10.7%)高の1475円まで買い進まれ、2001年11月に付けた上場来高値1450円を15年半ぶりに更新した。
 
 午前10時前に、著名個人投資家が第7位(持株比率1.75%)の株主に登場していることがネット上で広まり人気化した模様。
 
 同社の17年3月期連結業績は、売上高146億円(前期比16.6%増)、営業利益20.0億円(同18.4%増)。主柱の「人材サービス事業」が対象業種を広げつつ好調を持続する中、求人広告の「リクルーティング事業」も堅調な推移を示した。18年3月期は予想売上高161億円(前期比10.4%増)、営業利益21.7億円(同8.6%増)と、いずれも連続して過去最高を更新する見込み。
 
 なお、この日、寄り前の発表では、4月の完全失業率は2.8%で2カ月連続横ばい。4月の有効求人倍率は1.48倍と、バブル期のピークだった90年7月の1.46倍を上回り、74年2月の1.53倍以来の水準となっている。(イメージ写真提供:123RF)